適用される金利の知識

キャッシングのご利用前は、各サービスの金利情報に気を配るはずです。各企業では、異なる利率を設定しており、数%の違いに躍起になることでしょう。金利の確認では、利率の単純な比較だけでは不十分です。金利確認が不十分だと、思わぬ落とし穴にはまるきっかけとなるため、深く突っ込んで内容を検討しましょう。

 

銀行系のキャッシングでは、限度額と利率に一定の関係が見られ、限度額が決まると利率が固定されるのが基本です。この様なケースでは、限度額の範囲内であれば、借り入れが高額少額関係なく、同じ利率が適用されます。銀行系では、高限度額が設定されると、低金利も同時に与えられるでしょう。そうなれば、小口融資を低金利で引き出せます。

 

それに対し消費者金融系では、借り入れ額で金利が変動するのが一般的です。借り入れ額が多くなれば金利は下降し、借り入れ額が少なければ金利が上昇する仕組みを採ります。具体的には、100万円未満であれば年利18%それ以上であれば年利15%が、与えられる金利です。これは法律の上限金利と一緒のため、決して低い水準ではありません。

 

キャッシングサービスの金利を参照される際は、利率の変動についても不足することなく確認が必要です。
低い金利のオリックス銀行ローン